サービス内容

千葉企業株式会社HOME > サービス内容 > 取扱い業務

取扱い業務

  • 定期ごみ
  • 粗大ごみ
  • 整理整頓片付け
当社は創業以来、主に東京23区と多摩地区にて事業系廃棄物回収事業と行政委託事業より排出される廃棄物の収集運搬処理を手掛けており、様々な業種・業態や個々の排出状況に応じた収集・運搬・処理プランをご提供させて頂きます。 お客様の廃棄物に関して様々なご相談にお答えし、問題の解決やご提案を致します。また、廃棄物の収集運搬処理に対する高い品質と誠実な業務推進により、お客様から確かなご信頼を得ております。

家庭系一般廃棄物処理

自治体の委託事業として、一般家庭からでる可燃物、不燃物、容器包装プラスチック、資源物(缶、ビン、ペット)の戸別回収事業を行うと共に、きれいで快適な地域環境の確保に貢献するとともに、回収ルートの防犯・防災パトロールに協力しています。

事業系廃棄物処理

当社が取扱う事業系廃棄物の種類とその処理の概要は下記の通りです。
業務実施の詳細は定期ごみ粗大ごみをご覧下さい。

一般廃棄物(可燃ごみ)は、23区は専用車両にて23区処理場に、多摩地区では専用車両にて各市町村の処理場に搬入して焼却処理をします。

一般廃棄物扱いの食品廃棄物(生ごみや調理残渣等)は分別することにより、堆肥化や飼料化のリサイクル工場に搬入し、食品リサイクルをします。

産業廃棄物のリサイクル処理

情報処理端末のデータ消去

image記憶媒体(ハードディスク等)を物理的に破壊し、データの読取を不能にします。破壊した媒体の破壊証明書の発行を致します。破壊後の媒体処理も一括で承ります。

食品廃棄物

image飲食業や小売業の調理残渣や野菜くず、食品工場等の生産残渣や在庫廃棄等について堆肥化や飼料化のリサイクルをします。最近ではメタンガス化等の処理も選択肢になっています。

廃プラスチックや紙混合物

imageビニール、プラスチック製品全般について、種類や混合状態に応じてRPF(固形燃料)やフラフ燃料処理し、サーマルリサイクルされます。程度の悪いものは破砕焼却処理になります。お客様の廃棄物に応じて分別や処理方法をご提案し、適切に処理をします。

紙、段ボール

image程度により資源物として回収します。MIXペーパー、事務書類、伝票等、新聞雑誌、チラシ等については、処理会社にて選別・融解加工処理後、紙原料として利用します。

機密文書処理

image高度の機密要求レベルについては、密閉された容器のまま処理提携先に直送搬入し、溶解処理をします。通常の機密要求レベルの場合は、当社にて施錠保管後、まとめて溶解処理又は焼却処理を実施します。いずれの場合にも処理証明書を発行いたします。

金属類のリサイクル

imageスチール缶、アルミ缶、アルミ製品、鉄屑等は、処理会社にて選別・加工後、金属原料として利用されます。

木材、木くず

image木製パレット、廃木材、廃家具等は回収後、当社で分類選別し、提携の取扱い業者にて粉砕加工処理後、木材チップにして、サーマルリサイクルに供されます。

ペットボトル、発泡スチロール

imageペットボトルは圧縮、発泡スチロールは処理会社にて溶解固形加工後、それぞれ原材料として利用されます。

蛍光灯の処分、その他処理困難物(消火器、バッテリー、スプレー、ボンベ缶、電池等)

image蛍光灯には有害物質である水銀が含まれているので、関連法令(土壌汚染防止法、廃掃法等)に従い、適切な廃棄処理をする必要があります。当社では専門処理会社によるリサイクル処理をご提案しています。

廃家電

image特定家電リサイクル法に基づき適切なリサイクル処理を実施しています。

特別管理産業廃棄物、医療系廃棄物(感染性)、汚泥・廃油

image提携の専門処理業者と連携して迅速、適正なリサイクル処理をします。