サービス内容

定期ごみ

新規事業開始のお客様だけでなく、既に廃棄物を排出されているお客さまを対象に、当社は下記のように一般廃棄物、産業廃棄物、資源物の定期回収処理のご提案をいたします。

廃棄物処理について、お客様からよく聞くお話として下記のような問題があります。

01 毎日の廃棄物の量をどのように算出しているか分からない
02 回収員の服装や態度が悪い。挨拶もなく
03 回収に、いつ来てどのように回収しているか分からず、説明もない。
04 連絡を入れても返事が無い。(対応が悪い)
05 近所からのクレームが多い
06 お盆、正月の臨時対応が悪い。
07 回収時の確認をしたいが、そんな時間もない。
08 回収にくる車が汚い。
09 回収後の保管庫が汚い。
10 回収し忘れや、持って行かない物がある。
11 粗大ごみが溜まる。
12 廃棄物の置き場が狭いが、改善方法が分からない。
13 リサイクル先や処理先の情報を知りたいが、情報提供がない。
14 回収費用の見直しをしたいが、相談にのってくれない。

当社ではこのような問題を解決し、優良な廃棄物処理のサービスをご提供いたします。
詳細についてはサービス内容及び廃棄物処理の品質をご覧下さい。

このページのトップへ

定期ごみ回収処理のステップ

第1ステップ

当社へのお問い合わせ(電話番号、FAX、eメール、HPの問い合わせフォーマット)により見積依頼をして下さい。

まず私達はお客様のごみの排出状況を把握します。

お客様の業種・業態や建物の立地や地域的な条件により、廃棄物の品目や排出量は様々になります。まず第一に当社では、お客様の業種や規模に応じて、3日~1週間程度の期間、お客様の現場にて廃棄物の排出状況を調査します。

第2ステップ

お客様の排出される廃棄物の内容や量に応じて、当社の廃棄物リサイクル処理フローの適用方法を吟味し、ご提案ならびに見積書を提出します。その際、下記の情報を考慮いたします。

 ①施設、設備の付帯作業等の有無(鍵の預かり、搬出の状態等)
 ②建物、地域的な制約(時間指定、収集日等)、守秘情報の有無
 ③その他のご要望

第3ステップ ご提案内容をよく説明し、制限や付帯条件等も合わせて確認させていただき、ご納得の上でご契約をさせていただきます。その上で、当初1ヵ月の廃棄物排出状況を確認ご報告し、必要があれば契約内容の見直しを致します。
定期回収継続段階(第4ステップ) 定期ごみ回収の継続中は「千葉企業廃棄物処理の品質」を社員に周知徹底するとともに、お客様の廃棄物の排出状況を確認し、必要な時期には様々なご提案をしながら、心の通ったサービスを持続してご提供いたします。

料金について

下記の料金構成にてお見積りを作成し、十分なご説明の上、ご納得のいく提案を致します。
定額契約又は排出量に応じた単価契約の方法があります。

定期収集運搬費 搬出手数料
(搬出難易度、時間制限、回収頻度 等)

区、各自治体の処分料金(一般廃棄物)

当社産廃処理フローに応じた処分料金
(産業廃棄物)

尚、資源物(カン、ビン、PET、段ボール、古紙 等)を含む場合は、その量に応じて時価にて上記料金の調整を致します。